活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

「人文知のカレイドスコープ」が刊行されました。


Category: 論文書いたよ   Tags: ---
昨年の6月から、私の所属する富山大学人文学部で、連続講座『人文知コレギウム』が開催されてきたことは以前ご紹介しました。私も、その初回でダークツーリズムの視角から富山をみるとどうなるかといった話題提供をさせて頂きましたが、このほどその一年目で話題提供をした有志の原稿を集成したものが『人文知のカレイドスコープ 富山大学人文学部叢書1』として、桂書房から刊行されましたのでご紹介します。

人文知の万華鏡

この書籍には、上記の内容をまとめた「ダーク・ツーリズムの視角からみた観光地富山の可能性」(pp. 12-21)と題する小論を寄稿させていただきました。ただ、当然ながら書籍は白黒印刷ですので、図版の中にはちょっと見にくいものもあります。特に、神通川の河道と汚染分布の広がりを標高分布図にして示した図1は、白黒だと分かりにくいかも知れません。ということで、ブログにこれをカラーで彩色したものを貼っておくことにしました。カラーだと、神通川流域の標高分布が川を中心に扇状になっているようすがはっきり分かります。ついでに言えば、暴れ川で名高い東隣の成願寺川は、扇状地もより巨大であることが分かりますね。西隣に見える筋状のものは井田川の川筋です。

図1彩色版

この図は、国土地理院のDEMデータに川筋と鉄道線、道路といくつかのランドマークを貼っているだけですので、営利目的以外の方は勝手に使い回して下さって構いません(クリエイティブコモンズと称するほどクリエイティブな図でもないですが、そういう著作物と考えて頂ければ結構です)。ちなみに本文にも書いてあるとおり、図中の「強汚染地区」分布は寺西・西条先生の論文(寺西秀豊・西条旨子2013. タイのカドミウム汚染とイタイイタイ病. 社会医学研究30(2): 55-62)に掲載されている原図からトレースしたものです。ただし、当然ながら複製からおおよその輪郭をトレースしているだけですので、過度な正確性は期待しないようにお願いします。こういう図を公開することが描写対象地区にスティグマを刻することになるのではないかという議論は当然あり得ますが、同様の図は他の媒体で数多く公開されており、これ自体特段珍しい資料ではないことは申し述べておきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 生涯教育    ジャンル : 学校・教育


Comments

Leave a Comment



04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

03

05


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login