FC2ブログ

活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

6/28 第1回「人文知」コレギウムが開催されます。


Category: 社会にお返し   Tags: ---
かのリチャード・フロリダさんは、都市の創造性を高める鍵を握るもののひとつに大学を挙げていました。それは大学が研究者はもちろん、学生や社会人など幅広い人々の交流拠点となり、地域社会の「多様性」の受け皿になるからであり、そうした多様性の受け皿としての寛容さが、創造的な人々の知的好奇心を刺激して流入を促し、結果的にその都市の創造性を高めるからだということでした。そこへいくと人文学部というのは本当に幅広い分野が共存していますから、そのメルティング・ポットを攪拌することで新たなイノベーションが生まれる可能性は少なくないのでしょうね。


研究者というのは孤独な商売で、日ごろ同じ人文学部に籍を置いてはいても、他の先生方とご一緒に研究活動をする機会というのはなかなかありません。まして他学部の先生ともなると、接点を持つことも極めて稀なのが実状です。そんな中、私の所属する人文学部では構成員の間の相互交流を促す一環として今年度から「人文知」研究プロジェクトをスタートさせることになり、そのスタートアップの回で発表の機会をいただくことになりました(←という理解で間違っていないでしょうか?)。

ご一緒させていただく伊藤先生に合わせて、私は一般的に「負の記憶」として認識されがちな富山の遺産に注目し、新たな光を当ててはどうかという話をさせていただく予定です。私自身も「専門」というわけではない(むしろ自分自身も理解途上の)話題を敢えて提供させていただき、会場の皆さまとの対話の中から新たな気づきを得たいなと思っているような次第でして、コレギウム会場という名のメルティング・ポットを攪拌するところから一体何が生まれてくるのかをご一緒に愉しむ二時間になることを期待したいと思っております。入場無料ですので、お近くの方はお気軽にご参集ください。

スポンサーサイト

テーマ : アクティブラーニング    ジャンル : 学校・教育


Comments

Leave a Comment



10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login