活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会のご案内(横浜 3/28)


Category: 音楽バカ一代   Tags: ---
日ごろ趣味の話はしないようにしておりますが、実は私、年来のフランス近代音楽フェチでして、ドビュッシーやラヴェルの同時代人の書いた作品をこよなく愛好しています。趣味がご縁になって、在京中は書籍をご一緒させていただいたり、プログラムノートを二三度書かせて頂いたこともありました。富山に来てからはとんとご無沙汰になってしまったのですが、このほど昔、HNで親しくさせていただいていた方とひょんなことからご縁が復活し、彼がフランス近代音楽の普及のため、地道な活動を継続なさっていることを知りまして。深い敬意を抱いた次第です。本日は日ごろの禁を破り、きたる26日に開催予定のある演奏会をご紹介させてください。

「平井千絵 フランス近代音楽シリーズ」
日時:平成29年3月26日(日) 午後1時30分開場 午後2時開演
料金:3,000円(小学生以下2,000円)お茶とお菓子付き 全席自由(定員30名)
場所:馬車道ピアノサロン
曲目:デオダ・ド・セヴラック
・「休暇の日々から 第1集(お城とお庭で)」
・「水の精と不謹慎な牧神」
・「セルダーニャ(5つの絵画的練習曲)」
問合せ・予約: mi00-yamada@ezweb.ne.jp(みのりの眼)
後援:日本セヴラック協会



セヴラック(1872-1921)はフランス南西部オート・ガロンヌ県に生まれた作曲家で、ドビュッシーの10才年下、ラヴェルの3才年上にあたります。クラシックの好きな方の間では以前から知る人ぞ知る作曲家ではあったのですが、日本でも「左手のピアニスト」として知られる舘野泉さんの録音で徐々にポピュラーになってきつつあります。



彼の作品は上に聴ける通り、ラヴェルの流れを汲む豊かなハーモニーと、田舎の村祭りのように屈託のないメロディやリズムが同居したもので、宮廷音楽と化していたクラシック音楽がゆるやかにその呪縛を離れていく19世紀末~20世紀初頭の空気を色濃く反映しています。だいぶ録音も増えてきましたが、生演奏で聴く機会は今でもそうはないと思いますし、採算性の問題を避けて通れないコンサートにおいて全曲をセヴラックで通すというのは、余程の覚悟と見識がないと難しいのが実情です。

東京はいいですねえ。こういうプログラムが3,000円で、気軽に楽しめるのですから・・。というわけで、お近くの方はぜひ足を運んで、近代音楽に温かい目を注いでいる企画者と奏者を応援してあげてください。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽を楽しもう!    ジャンル : 音楽


Comments

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。