活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

参加型GISに関する書籍が出版されました


Category: 論文書いたよ   Tags: ---
PPGISこのところ関わらせていただいていた日本地理学会の研究グループ「GISと社会」のコアメンバーの先生方が中心となって編著された、日本で初めてのPPGISの概説書がいよいよこの3月25日、刊行されることになりました。恐らくは日本地理学会が最初のお披露目になるはずです。

若林芳樹・今井 修・瀬戸寿一・西村雄一郎 2017.「参加型GISの理論と応用:みんなで作り・使う地理空間情報」東京:古今書院.

GISが一般に普及してより四半世紀、自治体や企業はもちろんのこと、皆さんのほとんどが我知らずPPGISに関わるデバイスやツールのお世話になって生活しています。誰もが携帯端末を使って自由に地理空間情報にアクセスし、自らも情報発信をする事態は、これまでの人類史上かつてない画期的なできごとで、その全体像を俯瞰したテキストは待望のものだといえるのではないでしょうか。

本書は、こうした参加型GISの大きな潮流に恐らく地理学が日本で初めて反応した先駆的な仕事のひとつだと思うのですが、たまたま折に触れて地理空間情報の倫理について関心を向けてきたご縁から、私のような三下にまで発言機会をくださったことに大変感謝しております。せっかくこういうテーマにめぐり合い、情報倫理の先生方から多くの貴重な示唆をいただきながら、右顧左眄のまま成果をまとめられず今日まで来た私も、この本の一章で「地理空間情報の倫理」(pp. 44-50)についてようやくまとまった量を書く機会を得られ、ある意味本懐を遂げた心地がしています。

地理空間情報の倫理に関しては、申請中のとある研究助成が2件ほどあるのですが、そのうちの何れかがもし採択された暁には、これも御縁と観念し、次の何年かを地理空間情報の倫理に捧げ、腰を据えて勉強したいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連    ジャンル : コンピュータ


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login