FC2ブログ

活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

サボタージュ検出器としての期末テストの精度について


Category: モノローグ   Tags: ---
果たして教員は、講義のテストをいちいち真面目に作成し採点しているのか?特に不本意な結果をもらった学生さんの中には、そう思われる方も多いでしょう。もちろん一般論ですが、時には結果が人生を左右することもあるわけですから、多くの教員はけっこう厳密に作問・採点します。本日はひとつの例として、私が現在採点中の教養科目のデータで検討してみましょう。

持ち込み可でテストすると、人のをコピーして要領よくこなす学生が得をする。さりとて不可にすると、単なる暗記力の勝負になってしまい、出題範囲も記憶のみで対応できる水準に限定される。そこで私の場合は持ち込み可にしたうえで、レジュメの内容を応用することで解く問題=聞かずに持ち込むだけでは解きにくい、考えさせる問題を意識して作問しています。さて、その効果はあるのでしょうか?受講生の出席回数(Attendance)とテストの成績(Test)との相関を調べてみることにしました。ちなみに前者は6回20点、後者は100点満点、合計(Total)120点。つまり20点の下駄です。

2016教養成績

欠席や試験放棄を除いた僅か30弱のサンプルながら、出席回数と試験の成績との間に正の相関が認められました(r=0.4163 p< .05)。不可(D)判定の中に、6回のうち5回も出席していながら不可に終わってしまった子が2名いるのは残念ですが、D判定とC判定の子の中に出席点の低い子はほぼ網羅され、例外はID23の子ただ一人。今年度のテストはサボりの学生を適切に篩にかける検出器として、まずまず有効に機能したとみて良いのではないでしょうか・・というわけで、教員は定期試験のたび結果を算定し、把握したうえで成績をつけているというお話しでした。もちろん不可をもらって不服な方はお越し頂ければ、結果を開示します。
時間が許すようなら、受講生が130人いる概論でもテストの検出精度を検証してみましょうかね・・。

スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment



10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login