FC2ブログ

活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

富山防犯協会パトロール隊連絡協議会の会合で講演しました


Category: 社会にお返し   Tags: ---
富山防犯協会パトロール隊連絡協議会が発足10周年を記念して開催した「防犯研修会」。この研修会を主催なさっている方のお招きで25日夜、清水町地区センターにて『地理学からみた犯罪と防犯』の題で講演をさせて頂きました。

もともとこのご依頼、一ヶ月半ほど前に突如、お越しになった主催者の方からご下命いただいたものでした。恐らく今年に入ってから、防犯・交通安全関係の委員をいくつか拝命した関係で私に白羽の矢を立ててくださったのでしょう。犯罪地理学の存在くらいは知っているものの研究者としては防犯のボの字も齧ったことがない私には、まさに降って湧いたようなご依頼だったのですが、そこは知的便利屋稼業の渡世人、「ハイ。45分話題提供すればよろしいので?ええ、一ヶ月半いただければ。その間に勉強させていただきます」とお伝えしたのでした。

もちろん未知の分野に挑むのは楽なことではありません。でも、何も分からず右顧左眄していた学生時代のような、新鮮な感覚を取り戻せる機会でもあります。頭を抱えて横文字と格闘したおかげで「日常生活理論」や「通勤仮説」といった新しい概念を勉強できましたし、1980年代以降ぱったりと行動地理の界隈で見かけなくなったと思っていたデヴィッド・カンターさんのお名前と久しぶりのご対面。彼が密かに犯罪地理学者として転生し、リバプール方式の生みの親として一世風靡していることを知って驚愕したりと、本当に得るところの多い一ヶ月半でした(→おかげで、地理学概論の講義ノートも一回分増えました)。

「試してガッテンのノリでお願いします」のお言葉を信じ、当日は軽めのノリで通したのですが、なんとなく場違いだったようなそうじゃなかったような。それでも、博士号を獲った後、3年間の無職を経験した私にとって、こうして直に仕事を頼まれることは何よりも光栄なこと、キャパの及ぶ限りお引き受けし、ベストを尽くすつもりで生きてきました。今後も私を頼んでくるご依頼には、「専門外です」の言葉は極力後回しにし、できるだけ真摯に向き合ってゆきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : ボランティア活動    ジャンル : 福祉・ボランティア


Comments

Leave a Comment



10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login