活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

JpGU 2016が開催されます(今週末)


Category: 会議やったよ   Tags: ---
随分前に裏ルートでの御下命を受け、一度だけ参加したことのあるJpGU 2016(地球惑星科学連合 2016年連合大会)、縁あって4年ぶりに参加することになりました。

無慈悲な研究費削減の折り、JpGUはエントリー費用だけで2万円を超えるというかなり強気な価格設定。地球科学=理系ではこれが当たり前なのかも知れませんが、しがない文系人間にとりましては、2まんえんは見ただけで手に汗握る価格設定です(苦笑)。4年前も、雲の上から「やれ(殺れではない)」と声が聞こえてくるという、端からみればただの危ない人になってしまいそうな経緯がなければ参加しなかったものと思いますし、ポスターを貼るだけで二万円吸い上げられるという悪代官ぶりに「今後も二度と行くことはないだろうなぁ」と思いながら帰ったものでしたが・・。

都立大時代の大先輩、U先生からじきじきにご連絡をいただき、「地域生活学研究」の話をせよとの御下命。手弁当でやってるしがないウェブ・ジャーナルに、あんな大きな学会で話す機会が与えられるなんてまずないですし、何より尊敬する先輩の御下命、一も二もなくエントリーすることにしました。

すでに発表は採択され、PDFも公開されていますので、ご案内致します。
鈴木晃志郎 2016. 公器としての機関リポジトリ:電子ジャーナルを用いた社会貢献への挑戦.
             地球惑星科学連合2016年大会予稿集G-03-23


内容的には、私をリアルでご存じの方には聞き飽きたものかも知れませんけれど、今回はわれわれ人文系よりもずっと著者課金型オープンアクセス誌への投稿が日常的な「専門家」を前にお話しすることになりますので、けっこう緊張します。とはいえ、私が例の一件を書いたブログ記事は、いつの間にやらフェイスブックで90いいね!が付く人気記事になってましてw ブログの検索ワードもいまだダントツでデヴィッドさんという、喜んで良いのか哀しんで良いのか良く分からない状況。3年前の私と同様、勧誘を受け困惑している方は今もたくさんいらっしゃるのでしょうし、あの与太話にも一定のニーズはあるのでしょう、ということで、当日は一回くらい皆さまから笑いを取ることを目標にがんばりたいと存じます。

当日ご参集の皆さまにおかれましては、私の発表は完全に(1)専門外の、(2)余興かつ(3)思考実験としてやっている試みですので、どうぞ肩肘張ることなく気楽に聴いてやってくださいませ。

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

03

05


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login