FC2ブログ

活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

『中部・近畿・中国・四国のジオパーク』についての書評を書きました


Category: 論文書いたよ   Tags: ---
富山大学に着任してはや5年、あっちこっち中途半端に手を出して、すっかり迷走、収集つかなくなってしまっております私ですが、そんな状態でもとにかく書けるものを書ける限り書きなぐっておりますと、時にはお声をかけていただけるものでして。ジオパーク関係でいつもお世話になっております目代先生から、今般出たばかりのご著書の書評をご下命いただきました。

中部・近畿・四国・中国のジオパークジオパークは地理屋さんの中ではちょっとしたブームになっておりますが、恐らく地理業界を一歩出ると、ほとんど世間的には認知されていないのではないかと思います。むろん、一過性のブームで人が押し寄せれば、それはそれで環境収容力を超えたり、オーバーユースや盗掘が起きたりで大変なわけですが、さりとてせっかくジオパークになっても、誰一人知られないまま看板だけ立っているというのも悲しいものでして、現状はもっと認知度が上がってほしいというのが実情でしょう。そんな状況下で、一般向けの入門書であり、かつガイドブック的な方向性を明確に打ち出した本を、ジオパーク界隈では名前を知られた一線級の先生方が大挙集まってお書きになっているというのは恐らく初めてのことで、なかなかに画期的だと思います。そんなわけで、門外漢ながら喜んで書評をお引き受けしました。 書評ダウンロード

珍しいこともあるもので、掲載誌は「地域生活学研究で」と名指しでのご依頼。閑古鳥の鳴いております弊誌としましては、そりゃもう渡りに船とばかり数日間で執筆 → 編集委員会 → アップロードまで漕ぎつけました。そうでしょうそうでしょうこの速報性をご期待いただいたのでしょう。ご明察!速報性だけは地理学関係の雑誌では日本一だと思いますよカッコワライ、というわけで、恐らくこの本の学術誌上での反応としては恐らく国内最初の書評です。初めて地域生活学研究のフットワークの軽さが生かされ、人さまのお役に立てたような気がして、ちょっとだけうれしかったのでした。

ちなみに・・
この書評、当然のことながら論文ではないので、キーワードも摘要もつけずに図書館のリポジトリ担当者へデータを送ったのですが、掲載された書誌情報をみて思わず括目。「ブラタモリ」がキーワードになった文献はおそらく、国立情報学研究所データベース広しといえどもこれくらいでしょう。私が決めたんじゃありませんよ?ご専門のライブラリアン様がお決めになられたのです。

スポンサーサイト

テーマ : 旅の情報・準備    ジャンル : 旅行


Comments

Leave a Comment



10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

09

11


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login