活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

歴史地理学への掲載論文が電子化されました。


Category: 論文書いたよ   Tags: ---
鞆の浦で2008年に実施した住民意識調査の結果をまとめた小論が、歴史地理学会の機関誌『歴史地理学』に掲載されたことは先にご案内いたしました。今般その電子ファイルが、富山大学の機関リポジトリを通じて閲覧可能になりましたのでご案内いたします。

鈴木晃志郎 2014. 住民意識にみる公共事業効果の「神話」性とその構成要因―
   鞆の浦港湾架橋問題に関するアンケート調査結果を用いて―
. 歴史地理学
   56(1): 1-20.


すでに架橋事業の帰趨はかなりはっきりとしたものになってしまいましたので、今さら感も若干あるかも知れないのですが、架橋事業がまさに実現を目の前にしていた2008年のあの時、その紛れもない当事者であった鞆の皆さまが何を考えていたのかを、歴史の一ページにアーカイヴしておくことは、とても重要なことだと私は思っています。50年後、100年後の鞆の浦から振り返ったとき、きっとこの結果は、新たな意味を持つことでしょう。その意味で、本稿を掲載する決断をしてくださった歴史地理学会の先生方に、心より御礼申し上げたく存じます。

スポンサーサイト

テーマ : 広島のイベント    ジャンル : 地域情報


Comments

Leave a Comment



05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

04

06


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login