活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

Davidさんの出版社(David Publishing Company)について


Category: お知らせ   Tags: ---
先日久しぶりに国際学会で喋ることになったというお話をこちらでも書きましたが、それに絡んで、ちょっと面白いことがありましたので、後学の参考に供するため、事の顛末を書き残しておこうと思います。

学会発表から1ケ月ほど経った昨日、突然私のメルアドに、以下のようなメールが送られてきました。ちょっと長いですが、敢えて全文を貼っておきましょう。
------
Dear Koshiro SUZUKI,
This is Journal of US-China Public Administration, a professional journal published across the United States by David Publishing Company, USA. We are glad to know you have submitted a paper named SOME CHALLENGES IN INSCRIBING LOCAL ENVIRONMENT ON THE IMPORTANT CULTURAL LANDSCAPE LIST - A CASE STUDY OF THE DISPERSED SETTLEMENT IN TONAMI PLAIN in the 21th Annual Colloquium of the International Geographical Union Commission on the Sustainability of Rural Systems "Globalization and New Challenges of Agricultural and Rural Systems". We are very interested in your researches and would like to publish your unpublished papers in Journal of US-China Public Administration, if you have unpublished article or book on hand and have the idea of making our journal a vehicle for your research interests, please send electronic version of your paper or book to us.
As an American academic publishing group, we hope to keep in touch by email and can publish some papers or books for you and your friends in USA, wishing to become your friends if necessary. We also want to invite some people to be our reviewers or become our editorial board members. If you are interested in our journal, you can send your CV to us, please remember to include your research interests in the CV. Expect to get your reply soon.
Description
Journal of US-China Public Administration, a professional journal published across the United States by David Publishing Company, EL MONTE, CA, USA, and this journal is regularly published by China National Publication Import & Export Corporation on commission.
The past issues and other related information can be found from http://www.davidpublishing.com/journals_info.asp?jId=1137
Journal of US-China Public Administration is collected and indexed by the Library of U.S Congress, on whose official website (http://catalog.loc.gov) an on-line inquiry can be triggered with its publication number ISSN1548-6591 as key words in “Basic Search” column. In addition, this journal is also retrieved by some renowned databases:
★ Database of EBSCO, Massachusetts, USA
★ Hein Online Database, W.S.HEIN, USA
★ Chinese Database of CEPS, American Federal Computer Library center (OCLC), USA
★ Chinese Scientific Journals Database, VIP Corporation, Chongqing, P.R.China
★ Ulrich's Periodicals Directory
★ ProQuest/CSA Social Science Collection, Public Affairs Information Service (PAIS), USA
★ Summon Serials Solutions
★ Norwegian Social Science Data Services (NSD), Norway
★ Index Copernicus, Poland
★ Universe Digital Library Sdn Bhd (UDLSB), Malaysia
Current columns involve interdisciplinary topics including analysis of developments in the organizational, administrative and policy sciences, public management, land resource management, social security, educational economy and management, social medicine and health service management, national political and economical affairs, social work, management theory and practice etc.
David Publishing is strived to provide the best platform for researchers and scholars worldwide to exchange their latest findings and results. We admire your achievements, and we understand how important your research impact to other peers in the same interest field and other disciplines, and how delighted you would be when communicating with global professional peers. Your contribution to our journals would be very much welcome!
Information for Authors
1. The manuscript should be original, and has not been published previously. Do not submit material that is currently being considered by another journal.
2. Manuscripts may be 3000-8000 words or longer if approved by the editor, including an abstract, texts, tables, footnotes, appendixes, and references. The title should not be exceeding 15 words, and abstract should not be exceeding 300 words. 3-5 keywords or key phrases are required.
3. The manuscript should be in MS Word format, submitted as an email attachment to our email address.
4. The standard publication fee in the journal is 60 US dollars per each printed page. The published papers will be available online free of charge.
5. Authors of the articles being accepted, we will keep copyright.
6. Author will receive 2 copies of the issue of the journal containing their article.
Peer Review Policy
Journal of US-China Public Administration is peer review journal. All research articles in this journal undergo rigorous peer review, based on initial editor screening and anonymous refereeing by at least two anonymous referees.
Editorial Procedures
All papers considered appropriate for this journal are reviewed anonymously by at least two outside reviewers. The review process usually takes two to three weeks. Papers are accepted for publication subject to no substantive, stylistic editing. The Editor reserves the right to make any necessary changes in the papers, or request the author to do so, or reject the paper submitted. A copy of the edited paper along with the first proofs will be sent to the author for proofreading. They should be corrected and returned to the Editor within seven days. Once the final version of the paper has been accepted, authors are requested not to make further changes to the text.
Submission of Manuscript
All manuscripts submitted will be considered for publication. Please visit our website at http://www.davidpublishing.com or send papers to managers@davidpublishing.com or public858@hotmail.com.
Best regards,
Editor Office
Journal of US-China Public Administration
David Publishing Company

----------
長くて恐縮ですが、ここに何と書いてあるかというとですね・・
 1)お前がつい先日某国際学会で発表したカクカクしかじかの論文は大変興味深い。
 2)ついては我々、米中・公的組織運営学会?の発行する査読誌「Journal of US-China
    Public Administration」への投稿を奨励したい。
 3)怪しい者じゃない。ISSNも取得しており、栄えある米国の国立図書館にも収蔵される、
   れっきとした学術雑誌だ
 4)通常の学会誌同様、匿名の2名の査読を経て掲載される。掲載料は$60/1頁。
 5)レビュアーの推薦も歓迎。当該人物の履歴書を送っていただければありがたい。

・・とまあ、概ねこういった概要が記述され、あとはこまごまとした投稿上の注意事項が続きます。

 恐らく海外査読誌にポンポン書いている理系の先生方は、すぐにこの文言のどこがどうおかしいか気づいてしまわれると思いますが、海外の査読誌に滅多に書かない研究者や、私を含む文系の研究者の中には、あるいは引っかかってしまう人も出るかも知れません。

結論から申しますと、これはほぼ100%出版詐欺と思われます。
何がおかしいか、少し頭を冷やして考えると分かるのですが・・
 1)学会誌?の投稿を勧誘するのに、責任編集者の名前がありません。
 2)私の論文を本当に読んだなら、それが米中関係にも公的組織運営にもまるで関係ない内容
   なことは一目瞭然です(題材は砺波の農村風景ですから:苦笑)。
 3)私は同学会?の非会員ですので、当該誌は会員以外でも、金を払えば載せる学会誌?と
   いうことになります。特集号で執筆依頼をする時は非会員に書かせる事もあるでしょう。
   しかしその場合、果たして書いて欲しい人から金を取るでしょうか・・?
 4)更におかしいのが差出人のメルアド。
   デビットさんそれど~見たって無料アカウントですから!
 5)決定的なのは、この雑誌の逐次刊行目録がオンライン上に存在していないこと。つまりは
   誰も参照できない学術誌。ちなみに、メールに貼られたアーカイブ?のURLは真っ白。


 今日現在、日本語でこの出版社に関する記事を書いている人はいないようなので、ひょっとすると現在進行形で騙されかかっている人はいるかも知れません。色々と探してみると、海外では結構有名になっているようで、雑誌の名前を変え、別分野でも同じ事をやっているようです。
・参考URL:Good Grief! ‘Bait & Switch’: Law Publishing Version

 共通項は版元がDavid Publishing Companyであることでしょうか。ということで、この会社名にピンと来たら出版詐欺?とご記憶下さい。検索すると国内でも同社の論文を査読付き学術誌として業績目録に挙げている人がちらほら・・(-_-;) → CLICK!
 恐らく査読誌としての扱いはある種のDiploma Millとそう変わらないと思われますので、まだお金を払ってない方は今すぐ手を引きましょう。そうそうオイシイ話はありません。
 尤も、本当にきちんとした査読がなされるなら別段美味しい話でもないわけですが・・。

--------
●追記:
 その後、あれこれ検索してみると、どうやらこのDavid Pub.の擬似ジャーナル詐欺?に名だたる名門校の方々が一杯食わされてしまう背景には、メガジャーナルと呼ばれる査読誌の台頭に伴って、主に自然科学で進みつつある出版事情の変化があるらしいことが分かってきた。私は「金をとって出版させる雑誌なんて出版詐欺だろ」と思ったのだが、必ずしもそう単純な話ではなくなってきている様子。
 メガジャーナルとは、出版をオンライン刊行のみにし、査読も実験手続きの整合性や論理構成のチェックのみに簡略化、高度な専門性が要らない(ある程度誰でもできる)ようにすることで、掲載数を飛躍的に伸ばす雑誌のこと。近年、こうした雑誌が急増、既存の学術刊行物への、大きな淘汰圧になりつつあるのだとか。
 う~ん、これは知らなかった。こうなると我々もやがては一層「質より量」に向かわざるを得なくなっていくわけで。取り敢えず言ったもん勝ち、声の大きい(論文数の多い)者が評価されやすくなっていくだろう。成果主義もそろそろ真面目に再考する時期に差し掛かっているのではないだろうか・・。

参考文献
・三根慎二2007. オープンアクセスジャーナルの現状. 大学図書館研究80: 1-11.
・杉田茂樹2012. オープンアクセスメガジャーナルと学術出版システム転覆提案.
 SPARC Japan 14(2): 1-4.

--------
●追記その2:
 私より早くDavid Publishing の件を書かれている方がおられるのを発見。ラオス研究の専門家でいらっしゃる矢野順子先生。女史のエントリーからもリンクを貼られているルンド大学は、世界中のエセ学術出版社をリストアップしていた。参った。

--------
●追記その3:
 エセ査読誌の駆逐に燃えるコロラド大学の司書、Jeffrey Beall氏が作成を続けているエセ雑誌(Predatory Journals)のリストを見つけた。こんなにも増えているというのはある意味、衝撃的だ。
逆にいえば『国際誌掲載』の実績にそれだけ切実な需要があるということであり、成果主義が(恐らくは若手にとって)過酷だということで、同情を禁じ得ない。ここまで紛らわしいと、門外漢にはほとんど判別不能じゃあるまいか。そろそろ学術界全体で何らかの対策を考えるべき時期に来ているように思う。

--------
●追記(2013.10.31):
 同様のメールが多くなってきたので、試みに今後、私の砺波論文(たった1ページの予稿)がどれだけ国際的に評価されているw のかを、私にオファーしてきた出版社一覧の形で示すことにした。これほど国際的にオファーが殺到している素晴らしい成果なのだから、ぜひ国内の出版社の皆様にも出版を前向きにご一考いただきたい。自費出版以外の形でなら喜んで寄稿いたします。
・International Journal of Business and Marketing Management
 http://www.resjournals.org/IJBMM
・World Journal of Medicine and Medical Sciences Research
 http://www.wsrjournals.org/journal/wjmmsr
・Journal of Tourism and hospitality Management (2013.10.19追加)
 http://www.davidpublishing.com/journals_info.asp?jId=1577
 ※紛らわしいwっていうか悪質wツーリズムとホスピタリティを入れ替えると一流雑誌です。
 一瞬これはマジもんかと思いましたが、良く見ると差出人デヴィッドさんだったので追加。
・LAP LAMBERT Academic Publishing (2013.10.21追加) 
 http://www .lap-publishing . com
 ※注:ここはご丁寧にも私宛にConfirm Letterまで送ってきてくれた。熱心で心が痛んだ。
・International Journal of Educational Policy Research and Review (IJEPRR)
 http://www.journalissues.org/journal_items.php?p=submit_man&&id=7
 ※DOIは取得していないが、一応原稿は確かに公開されているようだ。
  中東系の研究者が発行している模様。小遣い稼ぎの掲載料ビジネスではあるかも
  知れないが、エセ国際誌といえるかはかなり微妙。日付の記録を取り始める前に削除して
  しまったので、受信日不明。
・Spring Journal for Educational Studies (2013.11.29追加)
 ※同じく顕名の編集者がいて、私を含む素人には鑑別不能だろう。Beall氏の評価を信頼。
  http://www.springjournals.net/
・Direct Research Journal of Agricultural and Food Science (2014.01.04追加)
 ※なるほど確かに散村で生産されるのは食い物だね。Beall氏の評価を信頼。
  http://www.directresearchpublisher.org/drjafs/
・Advances in Arts and Social sciences (AASS) (2014.01.05追加)
 ※アーカイブはあるものの2巻とも4号だけ、それも1本のみ。まともな国際誌ではあり得ない。
  http://www.scribesguildjournals.org/journals.html
・Discourse Journal of Agriculture and Food Sciences (2014.01.18追加)
 ※中東系のSolaiman Ali Fakir教授?が編者。センター試験当日に勧誘とはこれいかん。
  http://www.resjournals.org
・Net Journal of Social Sciences (2014. 02.22追加)
 ※タイのシラパコーン大学国際大の先生が小遣い稼ぎ(失礼)にやっておられる、のかな?
  Beall氏のリストとDOIの手掛かり無しには識別は無理。最近エセ雑誌の巧妙化が著しい。
  http://www.netjournals.org
・Advanced Science Journal of Agriculture and Agricultural Sciences (2014.03.25追加)
 ※サイトは立派だがエディターもアーカイブもなし。典型的ですね。以上。
  http://advancedscienceresearchjournals.com
・Merit Research Journal of Agricultural Science and Soil Sciences (2014.04.12追加)
 ※チーフはエジプト人。何だか南北問題を逆から見ているような気分になってきた。
 http://www.meritresearchjournals.org/asss/index.htm
・International Journal of Agricultural Policy and Research (IJAPR) (2014.06.05追加)
 ※最近こないな~そろそろかな~と思ってたら来よった。しかも今回は御大層にもImpact
  Factor 1.2668だよ?自称だけど。ちなみに上記Journalissues.orgと出版社は同じ模様。
 http://www.journalissues.org/journal_items.php?p=guide&&id=1
・Asian Academic Research Journal of Social Sciences & Humanities (2014.06.29追加)
 ※サイトは少々安っぽいが、アーカイブもISSNも掲載。エセとは判別しがたいグレー雑誌。
 IF 2.015(自称)。IF併記は今年のトレンドですか?国際誌なのに掲載料ルピー払い。
 http://www.asianacademicresearch.org/
・Advanced Scholars Journals (ASJ) (2014.07.01追加)
 ※3月に農業系の誌名で投稿依頼してきた出版社が、今度は雑誌無指定でオファー。最早見境
  ありませんと言っているようなものだ。
  http://www.advancedscholarsjournals.com
・Educational Research (2014.07.28追加)
 ※編集長はナイジェリア人、APC400ドルだが、それ以外は国際誌として何の問題も感じない。
  DOI取得済でアーカイブも完備。恐らくこれもグレーになるのだろうが、この問題に関心を
  寄せている専門家以外の研究者=門外漢にとって、白と黒の境界線を見分けることが
  どれほど困難になりつつあるのかを物語る好個の例である。もうバカにして笑っていられる
  ような状況ではない。
  http://www.interesjournals.org/er/
・Global Advanced Research Journal of Food Science & Technology (2014.09.10追加)
 ※編集長はイラン人助教。アーカイブは2号のみ。初めて見る名の雑誌だが、体裁は手作り感
  満載。そもそも雑誌名の英語がおかしい。エセジャーナル?としては低劣。金出して欲しい
  なら、もう少し美しく夢を見せてあげないと(苦笑)。
  http://garj.org/garjfst/index.htm
・Standard Journal of Educational Research and Essay (2014.09.13追加)
 ※編集長はナイジェリア人。ハーコート大学ってどこだろうと検索したら、ググる先生に
  「このサイトは第三者にハッキングされている可能性があります」って言われたよ?
  アーカイブは欠号だらけ。雑誌の装丁も素人レベル。なのにIF1.5024。
  あり得ない(自己引用しない限り)。
  http://standardresearchjournalsint.org/journals/SJERE/index.html
・Pyrex Journals (2014.11.07追加)
 ※こんな極東のショボい教員に、栄えあるGeorge Macgregor大先生(専門はメディア出版)
 から直々の投稿勧誘。あまりの名誉に心が打ち震えたはいいのですが、ご芳名で検索すると
 最上位にお越し下さったのはスコットランドのアマ・ゴルファーとフランスのコンサルタント
 だけなのです先生。
  https://www.pyrexjournals.org/authors-guide.php
・World Journal of Engineering and Physical Sciences (WJEPS) (2014.11.11追加)
 ※まだきちんと記録をとっていなかった時分に一度、別雑誌名で勧誘してきた世界ジャーナル
 の塔頭誌。学術誌なら秘書が勧誘するのはやめなさいって。次から同社の掲載は省略します。
  https://www.wsrjournals.com
・ Intl. Research Publisher (PJP) (2014.11.12追加)
 ※匿名でウェブサイトすら記載せず原稿出せとは、端からパクる気まんまんじゃないですか。
  submit361@wildblue.net
・Global Science Research Journals (GSRJ) (2014.12.19追加)
 ※ナイジェリア人の共著論文が近刊だった。出版社はニューヨーク。まさに南北問題ですね。
  ちなみに体裁は立派だが、DOIがなく編集委員会の面々も不明なので、電子ジャーナルと
  して業績評価できるかというとかなり微妙だと思います。
  http://www.globalscienceresearchjournals.org/

※世界中の国際誌?をさんざん魅了した拙稿ですが、2014年暮れにタダでめでたく査読誌に載ってしまいました(ご報告)。従いまして、ここで細々と続けていた業者晒しあげリストの更新は本日をもって終了させていただきます(2015. 1. 22)。

注 記:
 なお、私に「エセ学術誌」と呼ばれたが心当たりがないと仰る当該誌出版関係者からのご反論は、申し上げるまでもなく謹んでお受けいたします。根拠資料等をお示しいただき、その反証に充分納得がいきましたら、上記の全文を削除の上、謝罪して撤回いたします。この場合は後学に資するため、頂戴した根拠資料をこちらで公開いたしますことを予めご了承ください。

 なお、本ブログの筆者は、一連のできごとを契機とし、本エントリ執筆の約3週間後、電子ジャーナルをめぐる出版情勢の激変に対して思うところを論文にまとめています(PDF)。また、今のところ所属大学のレベルで、ではありますが、外部投稿のできる、掲載費用の要らない査読誌を作りました(URL)。若手研究者の皆さん。貴重な研究費をこんな出版社に吸い取られるくらいなら、ぜひ上記の電子ジャーナルを活用してください。査読の結果、学術的成果として意義が認められるものでしたら、研究成果公表のお力になります。

 (2014.10.22追記)
投稿を勧誘された方からお問い合わせをいただき、久しぶりに同社のウェブサイトを閲覧しました。それを踏まえ、左記時点で当該出版社がいまだクロに限りなく近いと判断せざるをえない根拠を4点列挙しておきます。
1)いまだ雑誌の評価がグレーである
上記の通り、電子学術出版の権威ルンド大学によるグレーゾーン雑誌からグレー判定を受けている。この雑誌が本当のところはどうあれ、検索してすぐに怪しいと思われるような雑誌へ投稿していることが業績審査をする側に知れれば、「カモられたわけね」、「この人の業績リスト信用できない」と思われても仕方がない。そして多くの場合、業績リストを提出する側のあなたに反論の機会はありません
2)所在地の不自然さ
 この出版社の所在地情報は開示されており、巨大な国際誌を動かしている出版社とは思えない個人向け賃貸アパートであることが分かります(ナグルアベニュー240番地)。あれだけ大規模の国際誌を運営している出版社が、アパートの一室で運営されているというのは不自然です。
3)透明性の欠如
 同社は現在もなお、査読と編集の過程を一切、ウェブ上に公開していません。ウェブサイトが立派になり、以前は空だったアーカイブに論文が載り始めているのに驚きましたが、編集者も査読者も不明、出版社の社長名すら不明の学術出版社が、学術論文の投稿先として信頼できるとは思えません。ちなみに、査読そのものは、軽量査読であれば院生のバイトを雇えば簡単にできる(=その査読であなたを信頼させることも簡単にできる)ことも申し添えておきます。
4)論文に固有のIDがない
 これが恐らく一番クリティカルですが、ウェブサイトを大幅にリニューアルした今もなお、同社の掲載論文に振られているのはISSNだけで、論文固有の識別子(DOI情報やCross-Refの類)がありません。つまり、全ての論文には固有のIDがなく、URLだけで紐づけされている状態です。もし明日、この出版社が全ての情報をサーバーから消した場合、あなたの投稿論文の存在を公的に証明できるものはなくなります。

スポンサーサイト

テーマ : ネットでお小遣い稼ぎ    ジャンル : アフィリエイト


Comments

ありがとうございました。 
鈴木 先生

たまたま先生のサイトを拝見いたしまして
幸運でした。危ないところありがとうございました。
感謝申し上げます。

関東学院大学、理工学部、英語
小林 桂一郎
 
Re: ありがとうございました。 
済みません!リアクションが遅くなってしまいました。
すでに数年前の記事ですが、場末のブログの落書きがいまだにお役に立っているようで、幸いです。
先生の今後のご活躍をお祈りいたします。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login