活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

卒論・修論発表会・予餞会が行われました。


Category: 巡検・実習   Tags: ---
久しぶりに修士の大学院生の発表が加わって、恒例の『卒論・修論成果報告会』が行われました。今年の卒論生の特徴として、「ほとんどが3鈴を超過」。発表者自身が、要点や骨子をよく分かっていず、発表も論文もとりとめのない感じというのが特徴だったかも知れません。期せずして教員二人の講評も一致しておりましたね。最後まで予断を許さぬハラハラドキドキ感を漂わせながらも、何とかみな書き上げて提出し、後顧の憂い無く?予餞会を迎えられたのは僥倖でした。



今年の予餞会は、立山町のグリーンパーク吉峰さんにお邪魔。リーズナブルかつ泉質のいい温泉に驚きました。富山市内や呉西地域の温泉は塩気混じりの塩化物泉が多いのですが、ここはアルカリ性単純泉。さすが立山の懐に抱かれた温泉だけにとろりとした肌あたりといい段違い。何度も入ってしまい、そして何度も学生と遭遇してしまいました(みんな気持ちよかったんでしょう)。

いつも、同じことを書いてしまうのですが、私は富山大に来て初めてこの「予餞会」というカルチャーに接しました。当研究室の伝統として、学会のそれと同じくOB、OGに葉書を郵送して出席をお誘いし、予約を募って一泊の旅行に出かけ、卒論生たちに慰労の打ち上げをしています。今年は本学OGの社会人院生が修士論文を書いた関係もあって、前任の浜谷先生の代に巣立たれた卒業生の方々が多くご参集してくださり、例年以上の盛会。私も過去に見送った懐かしい卒業生に会うことができ、ひとしきり歓談することができました。「こいつら大丈夫か?」と心配しながら送り出した彼・彼女たちも、いつしかすっかり頼もしく成長し、社会の一員として活躍している様子。しみじみ嬉しく感慨に耽る夜になりました。

ちなみに偶然にも当日はバレンタイン。くれるのは嬉しいが女子学生が寄越したの、キットカットですよ?しかも袋入りのやつ(の中の1個)。おまけに裏面にはこんな愛のメッセージ が

にゃっぱ


スポンサーサイト

02 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

01

03


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login