活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本地理学会2015春季学術大会『GISと社会』研究グループで発表しました


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
ここ二年ほど、あい間合間に勉強を続けていたテーマが、いわゆる地理空間情報利用のユビキタス化をめぐる倫理的問題です。ユビキタス・マッピングとは誰でも地図作りに参画できる状況ですが、これには良い面と悪い面があり、今のところ地理学や関連分野の議論は前者偏重、後者の議論も一面的にしかなされていない、という問題関心から論文を読み始めたのがきっかけでした。

昨秋、富山に日本地理学会がやってきた際、せっかくの地元開催だからと勉強途上のままエントリーしたはいいのですが、要点をまとめきれず15分の発表に30枚近いスライドをぶっ込んでしまい、当然時間切れ。大変不細工な発表をしてしまいました。気落ちする私を見かねたのでしょうか。その夜の懇親会の席上、『GISと社会』研究グループの先生方からお声掛けいただきまして。

「鈴木君、喋り足りなそうだったね?」
「!!」

ということで今回、
久々に日本地理学会の春季学術大会で発表する機会をいただくことになったという次第。

大会会場=日本大学

・鈴木晃志郎 「電子地理情報倫理をめぐる地理学的課題
 2015年日本地理学春季学術大会GISと社会研究グループ

昨秋懲りたはずなのに、増えるわかめの如くスライドはさらに枚数が増えて35枚。MAX40分の発表時間をいただいてもわかめの増量ペースがそれを上回り、一枚1分未満ペースで駆け足の如く早口のプレゼンになってしまいました。お聞き苦しいところが多々あったものと存じますが、温かく迎えていただき、建設的な雰囲気の中で発表と質疑応答を終えることができました。ご参集の先生方、皆さま、有難うございました。今回の発表準備を通じて、だいぶ自分の論旨も明確になったような気がしましたし、「早く投稿したら?」と恩師にも言われ、さすがにもう2年間発表ばかりして活字化から逃げていても仕方ないので、この半年できちんと形にできるよう努めようと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 若年層のモラル低下と社会問題    ジャンル : 学校・教育

03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

02

04


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。