活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業撤回:住民説明会の朝に


Category: 鞆の浦関連   Tags: ---
本夕、架橋事業の方針を撤回した県は、地元住民向けの説明会を開催します。
住民協議会の報告を受けての現職知事の重大な決断が、当事者たちに示されます。
ひとつの節目となることは間違いありません。

               ------- 引  用 --------
 鞆港埋め立て・架橋問題:計画撤回、県が住民説明会 福山で9日 /広島
                            (毎日新聞 7月2日(月)13時41分配信)
  福山市の鞆の浦の埋め立て架橋計画を撤回した県は、山側トンネルなどの代替
 計画についての住民説明会を9日午後7時から同市鞆町の市立鞆小学校体育館
 で開催する。湯崎英彦知事も出席する予定。
  住民説明会では、県が架橋計画を撤回した経緯や、山側トンネルのほかに、駐車
 場、港湾、護岸整備などを盛り込んだ代替計画について説明する。質疑応答の時間
 も設けるという。【寺岡俊】
      {出典:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000213-mailo-l34}
               -------引用ここまで------

前のエントリーに書きましたように、この問題は時事問題であり、今後の政局次第で予断を
許しませんが、このまま進めば、遠からず架橋事業は凍結されることになっていくでしょう。
今朝は、この問題に多少ならず関わってきた者として、この先予想される鞆のまちづくりの
方向性について、ここで私なりに一定の見解を記しておこうと思います。

架橋計画当初になされた行政からの説得を信じ、そのまま30年間「道路が掛かると生活が
便利になり、子や孫も帰ってきて、鞆の町に活気が戻る」という夢にこだわりをもち続けて
いる方々と、調査の際に何人もお会いしました。彼らが抱く想いというのは、橋そのものと
いうよりも、橋に象徴されたある種の『神話(=橋さえ架かれば、先祖伝来の住処である
鞆の浦に明るい未来が開ける)』への希望だったのだと思います。



上の図は、鞆で配られている観光地図の描画範囲を抽出し、実際の地図に重ね合わせた
ものです。ご覧のとおり、平地区や原地区のほとんどが、どの観光マップからも捨象されて
いることが分かります。この地区の人々は、今のところ大半が観光業には従事しておらず、
観光で鞆の未来を切り開こうというビジョンも共有していない人々です。

事業を撤回し、観光で鞆の未来を模索する選択をするならば、今後はその夢を、観光資源の
近くに居住していたり、店を構えていたりする一部住民だけではなく、鞆の住民の大多数が
参加し一緒に追求するというスタンスをとれるよう、仕組みを工夫することが、大変重要に
なっていくことでしょう。

私たちは2008年10月、鞆の浦で住民意識調査を実施しました。この調査からは、架橋への
態度とは全く別個に、鞆の浦在住の方々の自分たちの住む地域への愛着が、きわめて強い
という結果が得られました。このことは、とても希望の持てるポイントです。

・「鞆町に住み続けたい」と答えた住民は全体の約79%
・「鞆町のためになることをして役に立ちたい」と答えた住民は約79%
・「住民は助け合い、お世話し合っていると思う」と回答した人は約82%にのぼりました。

立場の違いを超え、住民の多くが鞆への愛着とモラール(地域のために役に立ちたいという
意欲)を共有している。このことは、今後の鞆の浦にとり大きな社会的資源となるでしょう。

鞆の浦のように観光産業で生計を立てている人が少ないところに、既往の観光まちづくりの
イデオロギーをそのまま適用しようとしても、今後も同様の軋轢が生じるのは自明でしょう。
我々の調査でも、中心的な観光施設から最も遠い平地区でヒヤリングをした際には「これと
いった観光資源も無い自分達の地区は損ばかりしている」、「先祖伝来の土地を道路用地
として差し出したのだ、橋は悲願だ」といった声を多く聞きました。

こういった地区の住民も参加したくなるようなまちづくりの仕掛けはどうすれば可能なのか、
住民の目線に立って考えてゆく必要があると思います。

どのような方法でこれを進めるにせよ重要なのは、日ごろ外部に居住している我々来訪者は、
当事者の声を謙虚かつ丁寧に聞き、その声を尊重しながらまちづくりを進めるという点です。
鞆の浦の場合はこれが欠けていたところに、問題が複雑化する要因のひとつがあったことは
ご承知の通りです。

もちろん、外部の人にしか見えないものも沢山あります。住民の想いを充分汲み取った上で、
住民とは異なる視点を提供し、建設的な対話を進めることが、地域の人々に受け入れられる
今後の「観光まちづくり」の要諦ではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 広島    ジャンル : 地域情報

07 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。