活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

鞆の浦:県が架橋事業の撤回を表明


Category: 鞆の浦関連   Tags: ---
鞆の浦の港湾架橋を巡る問題で、大きな動きがありましたのでご紹介します。

------------------------------
鞆の浦:埋め立て撤回…広島知事、福山市長に伝達へ
毎日新聞 2012年06月22日 02時32分(最終更新 06月22日 10時01分)

瀬戸内海国立公園の景勝地・鞆(とも)の浦(広島県福山市)の埋め立て・架橋計画を巡り、同県が計画を撤回する方針を固めたことが関係者への取材で分かった。湯崎英彦知事は25日、羽田皓(あきら)・福山市長と会談し、方針を伝える。原告住民の景観利益(景観を享受する権利)を認め、着工前の工事差し止めを初めて命じる広島地裁判決を受けて県が検討してきた。判決から2年8カ月を経て歴史的景観が残される方向になった。【寺岡俊、稲生陽、豊田将志】

埋め立て工事は知事の免許が必要で、知事はその前に国土交通相の認可を得なければならないが、県は、国に提出していた事業認可申請を取り下げる方針。1審判決を不服として控訴し、広島高裁で係争中の控訴審についても取り下げる見通し。更に架橋に代わる措置として、鞆地区の後背にある山側にトンネルを建設する案を軸に、地元と協議を進める。

埋め立て・架橋計画を巡っては、反対する住民が埋め立て免許の差し止めを求めた訴訟で、広島地裁が09年10月、鞆の浦の景観は「国民の財産」で、県側の裁量権逸脱を理由に免許の差し止めを命じた。

鞆の浦(mainichi新聞撮影)

湾を横断する架橋計画が問題となっている鞆の浦
=広島県福山市で2012年4月24日、本社ヘリから宮間俊樹撮影
{URL:http://mainichi.jp/select/news/20120622k0000m040120000c.html}

------------------------------
前回の知事選から3年、そろそろ来年の知事選に向かって物事が動き始める頃です。
2009年は、衆議院選挙で民主党が歴史的な大勝を遂げ、政権交代が実現した年でした。
あれから3年、現在は民主党に強い逆風が吹いています。
湯崎知事は無所属ですが、支持母体は連合広島でしたので、民主党系です。
前回は藤田雄山氏が選挙前に引退し、自・公・社民は自主投票でした。

次の選挙まで一年と少し。この決断もひとつの争点になっていくことは間違いありません。
広島県民全体にとって、これがどれほど大きな論点になるのかは計りかねますが、
鞆の未来にとって、次の知事選は大きな意味を持つことになるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 広島    ジャンル : 地域情報

06 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login