活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北アジア観光学会に参加しました


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
昨年に引き続き、東北アジア観光学会に参加してきました。
本拠は韓国にある学会ですが、モンゴルや中国、ロシア、日本を加えた
文字通り、北東アジア全域の観光学者が集まる国際学会です。
今年は北九州での開催でした。

前務校時代に、授業の一環で、社会調査の仕方を教えたことがあります。
構内に新しくできた外部資本のレストランの協力をとりつけて
そこのお客さんに対する、アンケート調査を指導しました。
その時のデータを、どこかで発表しようと思っていたところでした。
富大に就職して、もう業績作りに汲々とする必要が無くなったこともあり
その時の学生を筆頭著者にし、彼に学会発表を経験してもらうことにしました。

演題は「人的交流拠点としての大学構内レストランの可能性について」
大学の独立法人化により、大学食堂が外部資本で運営されるようになり
(アウトソーシング)、結果的にそれがフロリダのいう“メルティングポット”
として、大学人と周辺住民の交流の場に結びつく潜在性をレストランに
与えている。本稿はその可能性を論じた内容です。
---------
Sonoda, K. and Suzuki, K. 2011. Potentiality of on-campus restaurant
 as a place for interaction - a case study in Tokyo periphery.
 Proceedings of the International Conference of TINA 5: 147-158.

可哀想なぐらい緊張していましたが、聴衆の暖かいまなざしの下、
なかなか堂々と発表していたんじゃないかなと思います。
そんな彼を目を細めて眺めつつ、初めて学会発表をした時のことを
懐かしく回想。あれは1996年でしたかねえ。もう15年も前か・・。

初めての学会発表が国際学会。
彼には色々な意味でいい経験になったんじゃないでしょうか。

懇親会の場所は藍島。
北九州の沖合に浮かぶ、釣り客メインの漁業の島です。
降って湧いたような学会特需。島民総出での歓迎に、
離島の厳しい現状が少しだけ透けて見えた気がしました。

毎夜、戸畑の工場群の灯を対岸に臨みながら、
島の人たちは、何を想うのでしょう。

藍島の夜景

追記:
プロシーディングスの原稿をPDFにしましたのでアップしておきます。
韓国側がレイアウト補正した際に生じた文字化け等ををPDF化の際に
修正したため、ごくわずか、最終行の文字数が予稿集本体とは異なる
箇所がありますが、引用の際に開始・終了ページの齟齬が生じるほど
大きなずれはないはずです。

日本開催ということで和文ですから、ご興味のある方はお気軽に・・
予稿集原稿(PDFファイル)


スポンサーサイト

テーマ : 債務整理    ジャンル : ファイナンス

08 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

07

09


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。