活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

イタイイタイ病と観光との関係について、記事にコメントしました。


Category: 社会にお返し   Tags: ---
昨年行われた人文知コレギウム、与えられたテーマが『富山、「病い」の未来を切り拓く』だったものですから、それに合わせて「ダークツーリズムの視角からみた観光地富山の可能性」と題した話題提供を致しました。今春には、口頭発表の概要をチャプター(書籍の1章)にもまとめさせていただいたのですが、これらに興味を持ってくださった北陸中日新聞の山中さんから、イタイイタイ病とダークツーリズムの関わりについて何度か取材を受けてきました。今般、それを反映した記事が載っていることを同僚の先生に教えていただいたので、遅ればせながらご紹介します。
----
イ病公害病認定50年(上) 語る・巡る(中日新聞:5月4日付)
負の歴史 語り継ぐ観光を イ病 患者ら高齢化で模索(中日環境net:5月6日)
----
理不尽にも罹災され、時には謂われのない差別にも見舞われたであろう当事者の方々にとって、こうした罹災体験は忌まわしく、振り返るのも嫌なものですし、ましてその傷跡を他者から触られることに大きな抵抗を感じるであろうことは誰しも容易に予想がつきます。ただ、どんなに鮮烈で暗い過去も、時間とともに風化し忘れ去られていくことは避けられません。記憶が歴史の一部として整理されていく過程で、捨象されリアリティを失っていくものも出てきます。こうした失われゆく記憶のアーカイビングに一役買うのがダークツーリズムです。

その性質上ダークツーリズムは、人の不幸を見世物にする不謹慎な物見遊山と捉えられがちです。ただ、これはホスト(迎える側)のみならずゲスト(観光する側)にも言えることで、彼らもホストの側と同様の「物見遊山ではないのか」という後ろめたさの中で観光をするのだということは理解しておく必要があるでしょう。その後ろめたさゆえにこそ、当事者や現場で繰り広げられるリアルなストーリーに謙虚に耳を傾ける姿勢が生まれるともいえます。だからこそダークツーリズムは、何をどう見たらよいのかを、語り手がきちんとストーリーとして紡いであげることが、受け取る側の姿勢にとても重要な意味をもつ観光だといえるでしょう。

語り部による生々しい罹災体験や視覚に訴えるモニュメントも重要ですが、それらを通じて得られる体験を受け手の側が咀嚼するのを助けるためには、周到に編まれたインタープリテーション(第三者視眼からみた解釈・翻訳)が極めて重要です。特にイタイイタイ病の場合は、象徴的なモニュメントの多くがすでに失われていますから、失われた(隠蔽された)記憶をどのようにして来訪者にありありと伝えるのかが決定的な意味を持つでしょう。

このことを示す重要な研究として、かつての収容所跡で行われているダークツーリズムを比較したStrange and Kempa(2003)の報告があります。それによると、劣悪な環境に抵抗して立ち上がった囚人たちの人間模様を丁寧に提示したロベン島では、観光客も物見遊山の態度を改め、囚人たちへの敬意を示すようになったというのです。当事者の語りに充分な共感を保ちつつ、どのようなターゲットにその素材をどう「見せる」のかをプロデュースする冷静なまなざしの重要性を、この研究は物語っているといえるでしょう。記事では当事者たちの話が多く出てきていましたが、イタイイタイ病の過去と現在に充分な理解をもち、その上に立って適切な取捨選択とインタープリテーションの構築ができるプロデューサーとストーリーテラーが加わること。それによって彼ら当事者の試みは遙かに実り多いものになるのではないかと感じました。

Strange, C. and Kempa, M. 2003. Shades of dark tourism. Annals of Tourism Research 30(2): 386-405

スポンサーサイト

テーマ : 生きる力    ジャンル : 学校・教育

今年も、卒業生たちが巣立っていきました。


Category: 社会にお返し   Tags: ---
恒例の卒業祝賀会が、ホテルグランテラスで開催されました。
今年の卒業生、人数は多いしキャラも濃い目、O先生が途中不在になる中で色々とやきもきはしましたが、振り返ればインターカレッジでも優秀賞を取り、卒論もだいぶ下駄こそ履きはしたものの落伍者は出ず、賑やかで明るい中にもそれぞれ個性豊かな14人でしたね。いつもの倍の数がいたのに、入学時の私との約束「みんなで助け合って一緒に卒業して欲しい」を見事に果たしてくれました。教えてて楽しい、いい学年でした。

卒業祝賀会2018

よく言われることですが、まだ何者でもない大学時代は、打算や損得抜きの仲間らしい仲間ができる最後の時期かも知れません。社会に出たらつながりは職縁が中心になり、自ずと職場の社会関係が人間関係の上に影を落とします。そういう人間関係しかもてなくなって初めて、大学時代の仲間の貴重さが分かります。これだけの大所帯で三年間を共に過ごしたのもひとつの縁。卒業後もその縁を大事にしていってくださいね。卒業おめでとう。

テーマ : 資格取得    ジャンル : 学校・教育

「道路族」の取材にコメントしました


Category: 社会にお返し   Tags: ---
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨秋、時事通信社の越山さんからの取材で、「道路族」に関する話題についてコメントを求められました。道路族は住宅街の道路で人の迷惑も顧みず道路を私用に占有している非常識な人々のことだそうで、言葉そのものは初耳でしたが、根本にあるのは異なる社会的背景をもつ住民同士が隣り合うことによる「物語」の衝突の話で、鞆の浦や北杜市の景観紛争と同じ構図に思われましたので、そのようにコメントさせていただきました。

新興住宅街の「道路族」

記事では公平性を保つために割愛されているようですが、越山さんを通じてこの一件を拝聴した際に一番奇妙に思われたのは、もともと土木建設関係の族議員やテクノクラートを指して使われていたはずの「道路族」という用語が、ある時期から突如、どこからともなくバズワードとして再生され、新たな文脈と力を与えられている(新たに「創造」されたように見える)ということでした。

誰が言い出し、誰がまとめサイトに加工したかも不明(つまりは出所不明)なこの単語が、しかし近隣社会で「道路族」から村八分にされていた弱者に、より広域的なスタンスから逆のレッテル張りをする力を与えている。これが、道路族をめぐる議論の背後にある構図で、これはいかにもネット社会の生み出した新しい紛争のメカニズムだなと思われた、というのが、今回お話を伺って最も興味深かったことでした。

うまく言語化できている気がしませんけれど、このように従前の地域社会の中では不可避的にマイノリティの立場に置かれてきた人々が、インターネットの力を借りてより広域的な枠組みから近隣社会の閉鎖性や異常性をパージするというのは、鞆の浦にも北杜市にも通底する景観紛争の構図で、これはまじめに考えてみる価値のあるテーマなのかも知れません。

 越山さんには私の我儘からメールでのやりとりをお願いしましたが、大変丁寧に取材していただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。


舟橋村調査の成果発表会が実施されました。


Category: 社会にお返し   Tags: ---
人文地理学実習3は、例年富山県内の自治体をフィールドに選び、一年を掛けて学部三年生がフィールドワークを実施して、成果報告書をまとめる内容の授業を開講しております。今年は舟橋村をフィールドに地域調査をしてまいりました。今般、ささやかながら御礼とご恩返しの気持ちを込め、『成果発表会』を開催いたしました。あいにく今年は会場の都合もあり、午後4時からの遅い開催となりましたが、村民の皆さまには多数ご参集をいただき、村長からもお言葉を頂戴するなど、温かく迎えてくださいました。篤く御礼申し上げます。

舟橋村成果報告会2017

例年そうなのですが、自分の手で一から研究の構想を練り、先行研究を呼んで関連分野の理解を深め、仮説を立ててフィールドに出る、さらには調査の結果をまとめて分析するという作業を一年掛けて実施するというのは、彼らにとって人生で初めての経験です。まだまだ至らないところも多々あったものと存じますが、活発な質疑を通じて、学生たちもたくさんの学びを得たものと思います。これから来年一月の最終報告書の完成に向けて、今しばらくお騒がせすることになろうかと存じますが、引き続き温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます。

追記:
12日火曜日の富山新聞と北日本新聞でとりあげていただきました。多謝。
富山新聞

北日本新聞


テーマ : 社会教育    ジャンル : 学校・教育

富山市民大学で講演しました


Category: 社会にお返し   Tags: ---
例年お世話になっている富山市民大学にて、今年も富山の観光についての回を担当しました。
私、ここ一二年、夜は10時くらいには寝て、朝方までたっぷり睡眠時間をとる生活をしてきたのですが、最近明らかに注意力が往年の40%くらいには回復してきまして、規則正しく充分な睡眠がいかに知的生活を送る上で重要かを改めて思い知っております。

例によってまた時間を10分超過してしまったのですが(これで通算1勝3敗:苦笑)、これまでで一番澱みなく自在に喋ることができたと思います。慣れとか緊張とかそういう問題ではなく、明らかに生理学的な要因なのは自分が一番良く分かりますし、素材が例年と違っているわけでもありません。

市民大学2017

なんだか新興宗教みたいなもの言いで恐縮なのですが、話し手として人前に立つ生活をしていますと、会場との相互作用というのでしょうか、それが非常にその日の心理的達成感や語りの組み立てにも影響していることが経験的に分かって参ります。漫才師の方のいう「掴み」でしょうか。巧い表現だなと思います。今回はまさに、これまでで一番会場を「掴む」感覚をもてまして、そうなると何と言いますか、自在に話すことができるといいますか、おこがましい表現を許されるなら空気をコントロールできる感じというのでしょうか。そういう感覚を持てまして、とても充実感や達成感のあったひとときでした。ご一緒にあの空気を醸成してくださったご来場の皆さま、ありがとうございました。

テーマ : 一人言    ジャンル : 学校・教育

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login