活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

G空間フォーラム in 新潟で講演しました。


Category: 会議やったよ   Tags: ---
新潟の朱鷺メッセで開催された国土交通省のイベント『G空間フォーラム2017』が、無事に終了しました。
朱鷺メッセは再開発されたベイサイドの、何やら格式高そうなコンベンションセンター(隣は日航ホテル)で、ガラス張りの外装に木目調の立派なホール。GISをバリバリと使いこなす実業界の方々、ソースコードをバリバリと書くプログラマーの方々など工学系のエキスパート諸兄を前にして例のワイドショーチックな倫理問題を話すというなかなかの拷問で、おおいに気後れしたのですが、前夜祭?から本当に温かく迎えて頂き、会場でも多くの方々にお声かけいただき、講演前に気持ちを楽にしていただきました。
ご好意で私の映った当日のニュース映像を頂いたので、キャプチャ画像を貼っておきます。

G空間フォーラム2017
©BSN新潟放送

午後には産官学の垣根を越えたワークショップも行われ、日ごろ学生としか喋らない社会人落後者の私には、本当に貴重な経験をさせていただきました。縁の下の力持ちの役を買って出ておられたにいがたGIS協議会の皆さまには、宿泊やファイルの差し替えで随分とご迷惑をおかけしてしまいましたが、本当に快くご対応頂いて、感謝しております。有難うございました。地方大会らしい和やかさが程良く溶け込んだ、とてもいい雰囲気のイベントでした。主催者の方々には今後もG空間Expoに類するイベントを北陸方面で開催するお考えがおありのようですので、また何かの形でお役に立つことがあればと思っております。皆さま、お疲れさまでした。

スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ    ジャンル : 地域情報

とやま産学官金交流会2016にまたまた貼りに行きます。


Category: 会議やったよ   Tags: ---
どういうわけか、方々から講演や発表の依頼がよく来る年というのがあるもので、私にとっては今年がそうなのかも知れません。
県公文書館からご依頼いただいた講演会を大過なく終え、ほっと一息ついたところへ、今度は「11月30日に、国際会議場までポスター貼りに来い」との御下命が。これで講演や公開講座は今年6つめ(年末までにたぶんあと1つ追加)、学会などでの発表も7つめで、ほぼ一ヶ月に一度は何かを喋ったり貼ったりしている計算になります。人見知りでシャイな私としては、かつてない頻度です。

とやま産学官金交流会2016

今回も、Science Gala 2016で寂しく佇んでいた私にお声掛けいただいた方からのご縁でしたから、何というのでしょうか、連鎖反応と申しますか雪だるまと申しますか、発表が発表を、講演が講演を呼んでいるような気もしてくるのですが、ほんの10年前は無職だった自分がこうして、人様から請われてお時間をいただくというのはこの上なく光栄なことですので、今後も請われたらできるだけお断りすることなく、お受けしようと思っております。

ときに・・
産学官金の「金」は何ですかね?金融機関か何かでしょうか。まあ、貼りを依頼された私のポスターなんて、産官金のどこにも訴求力がないですし、人文も協力しており人も参加してますよというアリバイ作り以上に何かお役に立つことはないんじゃないかとつい、自虐モードに入ってしまうのですが・・。

Toyama Science Gala 2016に貼ってまいります。


Category: 会議やったよ   Tags: ---
さるやんごとなきお方から密かに御下命を受け、今月末行われるToyama Science Gala 2016にポスターを貼り出すことになりました。内容的には目新しいものではなく、現在英文誌に投稿準備中の、GISを使った意識調査の空間解析結果をダイジェストしたもので、すでに3年ほど前に歴史地理学会で公表したものから大きな前進をしているわけではありません。

鈴木晃志郎2016. 意識調査結果に及ぼす地理的条件の影響の検討-GISによる空間解析. Toyama Science Gala 2016

Toyama Science Gala 2016は、COC+に採択され地域の大学として産学連携しながら生きていく必要性がますます高まっている本学において、理工系の研究者が主に開催している産学交流イベントです。良く見ると開催場所も川向こうの理工学部キャンパスで、Scienceってのは狭義のサイエンスですね感ありあり。お呼びじゃなかろうなあという感じでさらっと流しておりましたが、どこからともなく神の声が聞こえて参りまして・・(笑)。場違いにもエントリーすることになりました。人文は案の定、私ひとり。孤立無援。

サイエンスガラ

日ごろ自分の研究がどう役に立つのかを即物的な意味で考えることはほとんどなく、私の話なんかどうせ面白くないでしょとついつい引っ込み思案になってしまう人文系の私ですが、どこでどんな出会いがあるかは分かりませんし、今回はポスターを当局が印刷して貼ってくれるというサービスの良さ。編集子を務めている「地域生活学研究」にしても、現在進行中の太陽光プロジェクト(北杜市)にしても、文理の垣根は100%越えてやっているわけですから、異種格闘技戦?だからとあまり気後れすることなく参加してみようと思います。当日隅の方で寂しく油を売っている私を見かけたら、慰めてあげてください。よろしくお願いいたします。

テーマ : 成果報告    ジャンル : アフィリエイト

COC/COC+全国シンポジウムに参加することになりました。


Category: 会議やったよ   Tags: ---
文科省の肝煎りで始まった「地(知)の拠点~Center of Community(COC)~」整備事業はご存じの方も多いと思います。自治体などと連携して地域志向の教育・研究・地域貢献を進める大学に文科省が助成をし、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ろうとするものです。富山では富山大学(COC+)と富山県立大学(COC)がこれに採択されています。

それに伴って本学にもCOCの専門部署(とコーディネーター)が設置されたのですが、それは県立大も同じのようでして、今般ここを通じて県立大が実施を計画している『COC/COC+全国シンポジウム』にポスターでネタを提供しなさいとの御下命を受けました。日ごろゆるゆるとやっている実習3(調査実習)を、COCの見地から再解釈して報告するように、というのが私に課せられた使命です。タイトルはおろか、中身もまだ一行も作っておりませんが、我々地味な地理屋さんにこんな晴れがましい舞台へのお声掛けをいただいてありがたく、取り敢えず参加表明だけ先にしてしまいましたのでご案内いたします。

COCシンポ

敬愛する大西先生とは日々、ゼミや卒論指導をご一緒させていただいて参りました。しかし、これまで研究活動をご一緒する機会はありませんでした。それが、降って湧いたような御下命のおかげでその夢を叶えることができ、これだけで私は大満足。個人的にも得難いシンポジウムとなりそうです。お誘いくださったコーディネーターの先生方、ありがとうございました。

テーマ : 学校行事    ジャンル : 学校・教育

北陸先端科学技術大学のイベントにお邪魔します


Category: 会議やったよ   Tags: ---
詳細はまだ良く分かっていないのですが、ツーリズム研究がご縁で知遇を得た北陸先端科学技術大学の敷田麻実先生のお誘いで、10月8日に北陸先端大の公開講座へお邪魔することになりました。JAISTフェスティバルっていうお名前からして、学園祭か何かでしょうかね?いや、それすら良く理解していないという(恥)。ふと思い立って検索をしてみたところ、告知が上がっていましたのでご案内します。

当日は公開講座の形をとり、私はコメンテーターだそうで。まちづくりに関する尖端的で面白い試みがいくつか紹介され、それに対してコメントを入れることを求められている?と理解しているのですが、私なんかで大丈夫でしょうか?何せ私が観光学で扱ってきた内容といえば、観光地化をめぐって人がマジ喧嘩してるような話ばっかりだったのですから・・

JAISTフェスティバル

足手まといな気がしてなりませんが、せめてできるだけ場をシーンとさせるようなことは言わないように気を付けたいと思います・・。とはいえ、ご一緒させていただく稲垣様が話をするプロフェッショナルなのを見て、無口な私も少し安心。何とか大船に乗せていただきたいなと願ってやみません。宜しくお願いいたします。


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login