活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

近況報告


Category: モノローグ   Tags: ---
特に新しく書くこともなかったのですが、fc2にお借りしているこのブログ、一ヶ月更新しないでいると「その内臓脂肪は一ヶ月で溶かせる!」とか「婚活で理想の彼と出逢えました!」バナーがトップに来てしまうので、近況報告を少々。いずれ実物が公表された時点で追記しますので、その際にこの記事は削除させていただくことになるかと思います。

1.今春、ポルトガルのマデイラで発表した A Newly Emerging Ethical Problem in PGIS - Ubiquitous Atoque Absconditus and Casual Offenders for Pleasure が、Springer社の Communications in Computer and Information Science (CCIS) というシリーズ本のチャプターに採録していただけることになりました。このシリーズは上記を発表した GISTAM 単体の刊行物ではなく、人工知能や情報科学に関する複数の国際学会で公表されたプロシーディングスの中から選ばれた論文が採録され、編集者もカンファレンスとは別の人々(Barbosa, S.D.J., Chen, P., Filipe, J., Kotenko, I., Sivalingam, K.M., Washio, T., Yuan, J., Zhou, L.の各氏)が担当しています。そんな晴れがましい舞台に川崎国とノエル君がお立ちになるというのはかなりオモロイというか、ごめんなさいという感じですが、ノエル君におかれましてはアカデミックな世界でも有名人の仲間入りで、おめでとうございますとお伝えしたいと思います。
 恐らくは二重投稿を避けるためでしょう。〆切は8月とあまり間が無いにもかかわらず、内容の3割以上を改稿、タイトルも変更、結論も書き換えなければならないそうで、最早新しい原稿をもう一つ書くのとあまり変わらないような。和文で公表してきたプライバシーに関するレビューの部分を増幅、インターネット愉快犯はあくまで新たな事態の1つという位置付けに格下げして、地理空間情報の倫理に関する総説のような体裁にしなければいけないだろうなと思っています。

2.昨年の地理科学学会で発表させていただいた穴の谷霊場に関する調査報告が、地理科学学会の機関誌『地理科学』に掲載されることが決まりました。次の号(73巻2号)でお目に掛かります。もともとは、「一緒に地域調査をやり、それを論文化する経験を積む」を謳い文句にした修士課程の実習科目の一環で、昨春まで在籍していた島田さんとやり始めた調査でしたが、本当に論文まで高めることができて僥倖でした。後輩の伊藤さんには統計処理の段で頼もしいお力添えをいただきました。また、査読者の方には論旨に関する的確なお導きを頂き、お陰様で後付けの理屈(口コミ研究)を無理なく調査結果と連結させることができました。ご覧になっているかは分かりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます。

スポンサーサイト

テーマ : おしらせ    ジャンル : 学校・教育

夜の虹


Category: モノローグ   Tags: ---
グリーンシーズン(オフシーズン)中のスキー場を活用した、牛岳温泉スキー場(山田村)のライトアップが、今年も7月22日から始まったそうで、見に行ってきました。

日没から三時間くらいの間、山奥に人知れず虹がたつこの神秘的な光景、ペットボトルの空容器にLEDを入れて作った照明器具を20000個吊るして虹にみたてたもので、設置は村の有志の手で行われるとか。

今年で5年目を迎え、グリーンシーズンの風物詩としても定着してきたのか、一昨年よりも少し数を増したギャラリーが思い思いのひとときを楽しんでいました。以前は二週間程度だった開催期間も延び、今年は9月10日までみられるそうです。

虹に釣られてきた来訪者から金をとることもなく、土産物も売らず、静かに虹だけ眺めて帰ってもらうこのイベント、富山らしいホスピタリティが感じられ、とても好感を持っています。今の時期、山上は涼風が吹いてとても気持ちいいですよ。気が向いた方は足を延ばしてみてはいかがでしょう?


牛岳温泉スキー場ライトアップ2017

テーマ : ちょっと、お出かけ    ジャンル : 地域情報

新歓コンパが開催されました。


Category: モノローグ   Tags: ---
ゼミ新入生を迎えて、恒例の新歓コンパが開催されました。

新歓2017年度

部活やバイト先でイベントが相次いでいるらしく、肝心の主賓の集まりが今ひとつ芳しくなかったのは少し気になりましたが・・。
今のところ、明朗でしっかりした子が多そうで、まずまず順調な船出のようです。ご覧の通り、賑やかなイベントで楽しいひとときとなりました。幹事役のNさん、H君、お疲れさまでした。

O先生がお帰りになるまであと4カ月少々、幸いにも例年並み(少し多め)の9名が新たに加わり、何とかいつもの教室の体制を維持できたようで、ほっとしながらの宴となりました。O先生、皆で御帰還をお待ちしています。

サボタージュ検出器としての期末テストの精度について


Category: モノローグ   Tags: ---
果たして教員は、講義のテストをいちいち真面目に作成し採点しているのか?特に不本意な結果をもらった学生さんの中には、そう思われる方も多いでしょう。もちろん一般論ですが、時には結果が人生を左右することもあるわけですから、多くの教員はけっこう厳密に作問・採点します。本日はひとつの例として、私が現在採点中の教養科目のデータで検討してみましょう。

持ち込み可でテストすると、人のをコピーして要領よくこなす学生が得をする。さりとて不可にすると、単なる暗記力の勝負になってしまい、出題範囲も記憶のみで対応できる水準に限定される。そこで私の場合は持ち込み可にしたうえで、レジュメの内容を応用することで解く問題=聞かずに持ち込むだけでは解きにくい、考えさせる問題を意識して作問しています。さて、その効果はあるのでしょうか?受講生の出席回数(Attendance)とテストの成績(Test)との相関を調べてみることにしました。ちなみに前者は6回20点、後者は100点満点、合計(Total)120点。つまり20点の下駄です。

2016教養成績

欠席や試験放棄を除いた僅か30弱のサンプルながら、出席回数と試験の成績との間に正の相関が認められました(r=0.4163 p< .05)。不可(D)判定の中に、6回のうち5回も出席していながら不可に終わってしまった子が2名いるのは残念ですが、D判定とC判定の子の中に出席点の低い子はほぼ網羅され、例外はID23の子ただ一人。今年度のテストはサボりの学生を適切に篩にかける検出器として、まずまず有効に機能したとみて良いのではないでしょうか・・というわけで、教員は定期試験のたび結果を算定し、把握したうえで成績をつけているというお話しでした。もちろん不可をもらって不服な方はお越し頂ければ、結果を開示します。
時間が許すようなら、受講生が130人いる概論でもテストの検出精度を検証してみましょうかね・・。

テーマ : 研究者の生活    ジャンル : 学問・文化・芸術

ご愛読ありがとうございました。


Category: モノローグ   Tags: ---
Twitterや顔本関係には縁のないガラケーユーザーの私に、学生が教えてくれました。
どこのどなたかは存じませんが、論文は読まれてナンボです。ご高覧いただき、ありがとうございました。




しかしなんで今ごろ急に・・?

テーマ : 研究者の生活    ジャンル : 学問・文化・芸術

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login