活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

穴の谷霊場について、地理科学学会で報告しました。


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
記憶する限りおよそ13年ぶりで、2017年度地理科学春季学術大会に参加、一昨年来少しずつ進めてきた「穴の谷霊場」についての調査報告を発表してきました。

鈴木晃志郎(富山大)・伊藤修一(駒沢大・非)・島田章代(射水市立新湊小学校):
「霊場の脱聖地化・広域化に果たす霊水信仰の効果―富山県・穴の谷霊場を事例として―」


2年ほど前、日本地理学会が富山に来たとき、ユビキタス(マッピング)の対義語としての「アブスコンディトス(隠れて遍在している)」を表題に含めた「遍在する,隠れた神としての電子地理情報技術」という題の発表を致しました。

「神と名の付く学会発表を10何年ぶりに見た」と冷やかされた記憶も真新しいなか、性懲りも無く今度は「霊場」と「脱聖地化」の筵旗を掲げて広島大学に突撃。地理教育のまじめな発表の中で大いに場違い感をさらけ出し、「あいつはますますキワモノになったな」という印象しか残せなかったのではないかと危惧しておりますが、居合わせたY先生やC先生には近しく?お言葉を掛けていただき、やっぱり地理学会はいいな、温かいな~と勝手に喜んで帰ってまいりました。





この発表、タイトルはおどろおどろしく見えますが、調査自体は穴の谷に水を汲みに来る人の来訪動機や目的などをアンケートしたもので、比較的オーソドックスな地域調査なのではないかと思っています。

この場所を知ったのは、当時社会人院生として在籍していた島田さんに教わったのがきっかけでした。
穴の谷は富山市から立山方面に小一時間、上市町の町外れにある里山の奥にひっそりとたたずむ霊場です。昭和30年代に女性行者さんが修行されたのをきっかけに成立し、最初は本当に尼僧と信者のみが出入りする文字通りの「霊場」でしたが、それからおよそ半世紀、今はほとんど山の中に水が沸いているだけの採水場にすぎません。ところが、そんな場所にわざわざ県外から遙々、たくさんの人が水を汲みにやってくるのですね。最初は半信半疑で出かけていったものの、県外ナンバーの車が次々と吸い寄せられるように駐車場に入っては、中の人が灯油タンクを何本も積んだ台車をガラガラと押して水を汲んでいくのを見て、俄然興味が湧きまして。「水と安全はタダ」なんて言葉が流布している今の日本で、いったいこの人たちは何を求めて、こんな辺鄙な(といっては失礼ですが)周りにほとんど何も無いようなところまでやってくるのかを知りたいと思っての調査でした。

代表の金城さんのご厚意で資料を見せていただき、ヒアリングを実施。うちの学生の力を借りて、昨年の4月から5月に掛けて4回の悉皆調査をやり、86人分の他記式の調査票を集めました。伊藤さんに教えてもらいながら数量化三類による分析を加えたところ、「霊場」であったはずのこの場所に来ている人の来訪動機には、「水の美味さ」、「健康維持」、「病気治療」はあっても「宗教的な理由」はなく、霊場としての性格はすでに失われていること(敢えていえば一種のアニミズムといいますか、自然信仰に近いものに変容していること)が分かったというのが調査結果で、今回はその報告が中心の発表になりました。

学会当日ご参集の皆様には若干お目汚しのところ、(生?)温かい目で見守っていただき、ありがとうございました。道のりは遠いですが、せっかくなけなしの研究費から懐を痛めて?データをとりましたので、何とかこれをアカデミックな文脈の上に落として論文化すべく、これから頭を抱えて策を練ろうと思います。

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体

第20回進化経済学会で発表しました


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
進化経済学会には前務校時代、井出先生からのご紹介で加入して以来、色々とお世話になってきました。ただ、昨今の国立大の懐事情の悪化から、私も真面目に支出を切り詰めなければならない状態になりまして。悩んだ末、この三月一杯で退会することにしました。ところへ、同学会から最後のご奉公として座長を拝命。また、日本観光研究学会から頂いていた研究助成(代表:井出先生)の成果報告にあたるものを提供して欲しいとの依頼を頂いたこともあって、久しぶりに同学会の大会へエントリーすることにしました。基本的にポスター発表があまり好きではない私は、口頭発表で済ませるようにしているのですが、今回はとうに締め切りを過ぎておりまして、ポスターでのエントリー。

井出先生がダーク・ツーリズム研究における第一人者のお一人でいらっしゃり、観光研究学会から頂いた助成もそちらに関するものでしたので、さて何をしようかと悩んだ挙げ句、ふと思い出したのが昨冬の観光研究学会で井出先生と議論していた大森先生。氏が2012年に『観光研究』誌でダーク・ツーリズム批判の論陣を張っておられたのを思い出しまして、これをもう少しダーク・ツーリズムのテクニカル・タームとしての妥当性に敷衍した議論に昇華しようと思い立ったのでした。半月ほど前から準備を始め、自分を追い込むため某学会からDLした原稿フォーマット上で論文執筆、これで考えを整理しながら同時並行でポスター制作もする荒行に挑戦。出発を三日後に控えて両方が完成し、投稿を済ませてからポスターを貼りに東京へ出てきた次第です(というわけで、本発表の内容はリジェクトされなければそう遠くないうちに公表されるものと思います)。おかげですっかり体調を壊し、会場で朦朧として深見先生に随分ご心配をいただいてしまいました(畏れ入ります・・)。

・「学術用語としての「ダークツーリズム」を巡る議論について」(鈴木晃志郎)
・「ダークツーリズムから見た産業遺産の意義」(井出明・深見聡・鈴木晃志郎)

進化の三容態

まだ比較的体調のましだった初日の帰り道、ブックオフにでも寄ろうかと新宿で途中下車。地下通路から地上へ上がったところ、音に聞こえる在●会の皆さま?と遭遇!私が東京を去った六年前、こんな方々に出会うことはついぞありませんでした。まさに隔世の感。早速お上りさん気分で写真を撮る元東京都民w

富山でこんなデモやっても、人なんか集まらないでしょうから、これは極めて都市的な現象なんでしょう。それにしても彼らが愛して止まない日本は今、観光立国を国策に掲げ、やっとインバウンド1000万人超えで万歳を叫んでいる状況です。その首都の、世界一の昇降客数を誇る新宿駅西口でこういうデモがあるのを見て、遙々やってきた外国人旅行者の皆さんは何を思うでしょうか。某A●Aホテルで社長氏の著書を見つけたときと同じ違和感を覚えてしまいました。

日本地理学会2015春季学術大会『GISと社会』研究グループで発表しました


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
ここ二年ほど、あい間合間に勉強を続けていたテーマが、いわゆる地理空間情報利用のユビキタス化をめぐる倫理的問題です。ユビキタス・マッピングとは誰でも地図作りに参画できる状況ですが、これには良い面と悪い面があり、今のところ地理学や関連分野の議論は前者偏重、後者の議論も一面的にしかなされていない、という問題関心から論文を読み始めたのがきっかけでした。

昨秋、富山に日本地理学会がやってきた際、せっかくの地元開催だからと勉強途上のままエントリーしたはいいのですが、要点をまとめきれず15分の発表に30枚近いスライドをぶっ込んでしまい、当然時間切れ。大変不細工な発表をしてしまいました。気落ちする私を見かねたのでしょうか。その夜の懇親会の席上、『GISと社会』研究グループの先生方からお声掛けいただきまして。

「鈴木君、喋り足りなそうだったね?」
「!!」

ということで今回、
久々に日本地理学会の春季学術大会で発表する機会をいただくことになったという次第。

大会会場=日本大学

・鈴木晃志郎 「電子地理情報倫理をめぐる地理学的課題
 2015年日本地理学春季学術大会GISと社会研究グループ

昨秋懲りたはずなのに、増えるわかめの如くスライドはさらに枚数が増えて35枚。MAX40分の発表時間をいただいてもわかめの増量ペースがそれを上回り、一枚1分未満ペースで駆け足の如く早口のプレゼンになってしまいました。お聞き苦しいところが多々あったものと存じますが、温かく迎えていただき、建設的な雰囲気の中で発表と質疑応答を終えることができました。ご参集の先生方、皆さま、有難うございました。今回の発表準備を通じて、だいぶ自分の論旨も明確になったような気がしましたし、「早く投稿したら?」と恩師にも言われ、さすがにもう2年間発表ばかりして活字化から逃げていても仕方ないので、この半年できちんと形にできるよう努めようと思います。

テーマ : 若年層のモラル低下と社会問題    ジャンル : 学校・教育

日本地理学会秋季学術大会が開催されました。


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
日本で一番大きな地理学の学術組織である日本地理学会は例年、春に関東で、秋に地方でそれぞれ学会(学術大会)を開催します。10年とはいわないまでも、地理学会では数年間報告したことがなかった私ですが、何と今年の秋季学術大会は富山大学で開催されることが決まり・・。

運営委員を務めるのは昨年の歴史地理学会に続いて二年連続でしたが、お陰様で500人近い方々に来場をいただき、地方大会としてはかなりの集客を記録。会う人ごとに「ご苦労さま」、「懇親会良かったね」とねぎらいの御言葉をいただくと徒労感もどこへやら、ささやかな達成感を味わわせていただきました。

日本地理学会in富山

運営組織の一員として裏方稼業に追われる一方、私自身も「せっかく富山まで学会が来るのだから」と、数年ぶりに日本地理学会で発表。とはいえ提供できる話題といえば勉強中の「電子地理情報倫理」しかなかったため、思い切ってこれをプレゼンさせていただきました。
----
鈴木晃志郎(2014年 9月20日)「遍在する,隠れた神としての電子地理情報技術-
  地理情報科学における倫理的課題について
」. 日本地理学会2014年秋季学術大会
----
まだ咀嚼が充分でないせいか、自分でも要点をうまくまとめることができず、15分の発表時間に対してPPTの枚数が25枚になってしまいまして・・。冒頭、「超特急でやります!」と宣言、鬼のような高速でマウスをクリックしたんですが、結局最後は3鈴にかかってしまい、かなりグタグタになってしまいました。お聞き苦しかった皆さま、大変申し訳ございませんでした・・。それでも終了後、このテーマにご理解のある先生方からは暖かい言葉をかけていただき(「地理の学会で『神』がタイトルに入った発表を聴いたの、18年振りでした」とか:笑)、発表時間足りなかったみたいだね、と肩を叩かれ、所属するGISと社会研究グループの次の研究集会でさらに議論を深める機会をいただくことになったりで、私にはとても得るところの多い学会になりました。

自分がホスト側に回ってみますと、日ごろ何気なく参加している学会が、いかに開催校の方々の多大なご尽力で支えられているかを改めてひしひし思い知りました。遙々、富山までお越し下さったみなさま、お忙しい中、懇親会にご参加下さった皆さま、有り難うございました。人見知りな私はこれまで、学会は発表だけやってそそくさと帰っていたのですが、今後はできるだけ夜までお付き合いし、開催校の先生方のご厚誼に報いるよう心がけようと思います。

韓国ホテル観光学会で発表しました


Category: 学会行ったよ   Tags: ---
前務校時代から仲良くしていただいている追手門学院大学の井出明先生に誘われ、さる5月9日から11日、釜山の霊山大学で開催された『韓国ホテル観光学会(AKHT)』に出かけて発表をしてきました。この学会は今年で31回目を数える、韓国でもかなり由緒ある学会なんだそうで、日本のそれと同様、もとは宿泊産業のOBやシンクタンクなどが母体になって発足したのだとか。

ご承知のように韓国は日本に比べずっと人口が少なく、経済規模も小さいので、経済全体の中で外需←観光の占める重要性が非常に大きいのですね。従って、この学会にやってくるくらいの知識人はみな英語に加えて日本語を話すことのできる方ばかりで、その語学力の高さには感嘆しきりでした。逆にいえば、英語さえできればどうにかなる日本人とは違い、彼らは三カ国語できてようやく一人前になるとも言えます。もしこれがアメリカやイギリス人なら、どこに行っても「そっちが英語喋れ」で済むわけでして。海外に出ると、自分の語学力の貧弱さに落胆する一方、そんな程度で研究者を名乗っていられるのも無意識に背負っている国の力ゆえなのだということをひしひしと思い知らされ、「ああ、自分は守られて生きているんだなあ」と実感させられます。不思議な感覚なのですが・・。

開催地である釜山は人口300万と大きい韓国第二の都市で、船で港に近づくと一目瞭然、山がちで平地が少ない地勢です。山々の間を縫うように道を拓き、山際いっぱいまで無秩序に宅地化が進んだところで、急速な近代化が訪れ、高層マンションに新住民を押し込みながら急速に郊外化していった街であることがとても良く分かります。どことなく長崎とか、リオに似ているかも知れない。



昭和の高度成長の香りが残る下町と、近未来的な構造物とが同じ街の中にパッチワークのように混在し、町全体を何とも言えないちぐはぐさが包んでいるのですが、そのちぐはぐさの中に日本にはないアジアのエネルギーと臭気を強烈に感じます。突貫工事の如く急速に近代化を推し進めた結果が、釜山の都市景観には見事に現れているように思いました。
-----
ホテル学会に参加し、なぜか場違いにも創刊から半年経過した「地域生活学研究」の成果報告をするわたし(苦笑)。撮影してくださったTさん、有り難うございました。

on duty

参加のお誘いをいただき、行こうと考えた一番の動機が、実は同誌のPRをすることでした。ぽつぽつと投稿は増えてきたものの、まだまだまるきり知名度のないこの電子ジャーナルを、この機会に韓国の皆さんにも認知していただき、一本でも海の向こうから投稿してもらって一気に国際誌にしようという、かなりよこしまな動機で参加させていただいた次第。そんな内容でのエントリーを快くお許し下さった実行委員長の劉先生を始め、スタッフの皆さまにはお礼の言葉もありません。発表者にはもれなくパーカーのボールペンのおみやも付いてきた。お金のある学会なんですねえ・・。予稿集も立派でした。読んでくださった方の一人でも投稿してくれると嬉しいなあ、と思いつつ、以下にリファレンスのみ記載しておくことにします。

Suzuki, K. 2014. Operating repository-based online journal as a way of social contribution of universities: The first year accomplishment of JIRCL. Proceedings of the International Conference of the Academy of Korea Hospitality and Tourism 31: 496-513.

テーマ : 旅日記    ジャンル : 旅行

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login