FC2ブログ

活動報告

鈴木晃志郎(富山大学准教授)の活動報告ブログです

 

ようこそ、いらっしゃいませ。


Category: 本ブログについて   Tags: ---


富山大学 人文学部 人文学科
社会文化講座に所属する、鈴木晃志郎と申します。

地理空間を共有する人々が、異なる価値観や意識を抱き
時には、それが原因で摩擦や誤解まで生じてしまう。
一体なぜ、どこからその齟齬は生まれてくるのか、
どうすればそれを軽減できるのか、を研究しています。

こちらは私の個人ウェブサイトの一部で・・・
・研究者(特別イベントがあれば教育者)としての活動の近況報告
・私の専門に関係するシンポジウム、公開講座、イベントのご案内
・成果物の公表(著作権が絡まないものに限る)


をするための、備忘録的なスペースです。
一般的な意味での日記やブログではありません。



私のウェブサイトへお越しいただける奇特な貴方は
このリンクをクリックして移動なさってください。


スポンサーサイト

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク    ジャンル : 学校・教育

2018年度・文献講読・受講生選定論文リスト(随時更新)


Category: 文献講読   Tags: ---
The Selected Articles List of The Classes on Literature Readings, 2018
2018年度の文献講読で選ばれた論文のリスト

和 文 講 読
01. 竹之内 耕 2011. 糸魚川ジオパークと地域振興. 地学雑誌120(5): 819–833.
02. 西村圭太・杉本興運・菊地俊夫 2018. コミュニティサイクル利用観光者の回遊行動特性. 観光研究 29(2): 29-42.
03. 桐村 喬・高木正朗 2017. 浄土真宗本願寺派門徒による大谷本廟での納骨・読経に関する空間構造. 地理学評論 Series A 90(5): 504-517.
04. 庄子 元 2017. 北上川沿岸の基盤整備農村における地域営農組織の存立形態── 農地利用の再配分に注目して ──. 季刊地理学 68(4): 247-261.
05. 藤岡英之 2018. 喪家による葬儀の場所選択の変容―1990 年代以降における 「下野新聞」 お悔やみ欄の分析から―. 人文地理 70(1): 49-71.
06. 杉山和明 1999. 社会空間としての夜の盛り場: 富山市「駅前」地区を事例として. 人文地理 51(4): 396-409.
07. 岩間信之・浅川達人・田中耕市・駒木伸比古 2016. 食料品アクセスおよび家族・地域住民との繋がりを指標としたフードデザートの析出―県庁所在都市の都心部における事例研究―. E-Journal GEO 11(1): 70-84.
08. 杉本興運 2017. 東京大都市圏における若者の日帰り観光・レジャーの時間的・空間的特性−大規模人流データによる分析−. 地理空間10(2): 51-66.
09. 三浦尚子 2016. 精神障害者の地域ケアにおける通過型グループホームの役割―「ケア空間」の形成に注目して―. 人文地理68(1): 1-21.

英 文 講 読
01. Nakanishi, R. 2016. Formation of the Japanese colonial city of Dalian: A focus on the backgrounds of successful Japanese businessmen and elites. Geographical Review of Japan Series B 88(2): 86–95.
02. Lehman-Frisch, S., Authier, J-Yves and Dufaux, F. 2012. ‘Draw me your neighbourhood’: a gentrified Paris neighbourhood through its children's eyes, children's geographies. Children's Geographies 10(1): 17–34.
03. Yui, Y., Kubo, T., and Miyazawa, H. 2017. Shrinking and super-Aging suburbs in Japanese metropolis. Sociology Study 7(4): 195-204.
04. Golledge, R., Briggs, R., and Demko, D. 1969. The Configuration of Distances in Intra-Urban Space. Proceedings of the Association of American Geographers: 60-65.
05. Hall, D.R. 1998. Tourism development and sustainability issues in Central and South-eastern Europe. Tourism Management 19(5): 423-431.
06. Weber, J. and Kwan, M. P. 2002. Bringing time back in: A study on the influence of travel time variations and facility opening hours on individual accessibility. The Professional Geographer 54(2): 226-240.
07. Widener, M.J. and Li, W. 2012. Using geolocated Twitter data to monitor the prevalence of healthy and unhealthy food references across the US. Applied Geography 10: 189-197.
08. Takhteyev, Y., Gruzd, A. and Wellman, B. 2014. Geography of Twitter networks. Social networks 34(1): 73-81.
09. Fielding A.J. and Ishikawa, Y. 2003. Migration and the life course in contemporary Japan. Geographical Review of Japan 76(12): 882-893.
10. Yokura, Y. 2014. Performance and roles of local trade fairs in Japan. Komaba Studies in Human Geography 21: 85-100.

インターカレッジコンペ2018。びっくり。2年連続入賞。


Category: 巡検・実習   Tags: ---
立山町で開催されるインターカレッジコンペティション、例年参加しておりますが。
昨年度は優秀賞(受賞)でしたので、これまで数年間のジンクスでいうと受賞を逃すはずの年だったにもかかわらず、ついにジンクス破りの連続入賞(準優勝)を果たしました。びっくり。
正直、3位に潜り込めたらラッキーだな程度にしか思っていませんでしたので、二年生諸君にはごめんなさいとお詫びするしかありません。でも月曜は普通に文献講読ですので皆さん忘れないようにね(鬼)。

コンペ2018

おめでとう!

実習3報告会@小矢部が実施されました。


Category: 巡検・実習   Tags: ---
小矢部のアウトレットパークで、実習3の成果発表会が行われました。
週末土曜日のアウトレットモール。それも、昼過ぎの人々が最も行き交う時間に、最も目立つイベントスペースをお借りしての成果報告会という初めての試みでした。「見せしめに等しい」とブー垂れながらも、前夜の搬入から司会進行まで学生たちが中心になって動き、ほぼ満席の盛況の下、それぞれにベストを尽くして頑張ったと思います。ご来場の皆さまからは数多くの質問やコメントを頂戴し、学生たちも年明けに控えた最終報告書の提出に向け、改めて緊張感を高める良い機会になったことと思います。当日の会場を快くご提供下さった三井アウトレットパークの皆さま、本調査を支えてくださいました小矢部市の皆さま、そして当日ご来場くださった皆様方に、この場をお借りして御礼申し上げます。

翌日の新聞各紙で報道していただきました。その中から2つほどを選んで載せておきます。学生も励みになったことでしょう。報じてくださった報道各社の皆さまに御礼申し上げます。

成果発表会2018-2
北陸中日新聞(11/18)

成果発表会2018-1
北日本新聞(11/18)

テーマ : 社会教育    ジャンル : 学校・教育

実習3報告会@小矢部を開催いたします。


Category: 巡検・実習   Tags: ---
人文地理学実習3の履修生たちが、一年間かけて進めてきた小矢部市でのフィールドワークの成果を発表する『成果報告会』が、11月17日(土)に開催されることになりました。間もなく小矢部市の広報、大学のニュースリリース等でも案内が回るものと存じます。

実習3小矢部大会



会場は三井アウトレットパーク北陸小矢部の中にあるイベントスペースです。週末のモールは大賑わいでお祭り気分でしょうし、発表に飽きたらフードコートで食事するもよし、ウインドウショッピングするも良しです。冷やかしにでもお寄りいただけますと幸甚です。お待ちしております。


テーマ : おしらせ    ジャンル : 学校・教育

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

12

02


 
プロフィール

dr.suzuki

Author:dr.suzuki
鈴木晃志郎の活動報告をするためのブログです。
めいんのサイトへお越しいただける奇特な貴方は
→こちらをクリックしてください。

 
 
検索フォーム
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
QRコード
QR
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login